• にきびの原因と予防について

    • にきびは男女問わず多くの人が悩む肌トラブルの一つです。
      一度出来てしまうと治るまでに時間がかかったり、跡が残ってしまったりと大変になってしまうので、原因を理解し日頃から予防することが大切です。にきびが出来る原因としては様々なのですが、思春期の場合は成長の過程で分泌されるホルモンの影響により、皮脂の分泌が活発化されることが要因になります。大人のにきびについては、食生活や生活習慣などが大きく影響し、ストレスや暴飲暴食、睡眠不足や不規則な生活などが原因となります。

      交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで皮脂の分泌が乱れたり、血流が悪くなることで肌への十分な栄養がいきわたらずトラブルを招いたりとにきびを引き起こしてしまうのです。

      Yahoo!知恵袋にはこちらのサイトが最適です。

      にきびを予防する方法としては、まずは肌表面上のケアとしては毛穴を詰まらせないようにすることと、余分な皮脂を取り除くことです。

      メイクをしている場合はしっかりとクレンジングすることが重要です。
      ただ皮脂が多めの人はオイルのクレンジング剤ではなくジェルやクリームなどを使用した方が良いでしょう。



      ただ、皮脂が多いからと言って洗顔をのしすぎも注意が必要です。
      肌に必要な油分まで取ってしまうと逆に肌が乾燥してしまい、肌が必要以上の皮脂を出そうとしてしまうのです。そして洗顔後はしっかりと保湿することです。

      にきびの人気が上昇しています。

      このように毎日のお肌のお手入れを怠らないことに加えて、食生活や生活習慣を見直すことが予防になるのです。

  • にきびの特徴

    • 背中にきびの予防法と改善法

      普段、人に見られる顔のにきびは気にしても、見えない場所のにきびには気づいていない、もしくは気にしていないなんて事はないでいしょうか。これからの薄着の季節、露出部分が増えます。...

  • にきびコラム

  • 最新情報・にきびの事柄

    • にきびの予防について。

      にきびができるととても気になりますが、触ったり潰したりしては絶対にいけません。刺激を与えることは厳禁で、潰すと炎症がさらに広がり、肌の奥深く真皮層にまで傷をつけてしまうと、にきびが治った後に月のクレーターのようなデコボコの跡が残ってしまう危険性があります。...

    • にきびは予防がポイント

      にきびは治すことに努力するよりもできないように予防したほうがにきび肌から脱却できる可能性が高くなります。にきび予防のためには、その場しのぎのことを行うのではなく、根本部分を探し出し、予防に努める必要があります。...